日本の世界遺産:古都奈良の文化財

奈良の人気者、放し飼いにされた鹿は、実は神様の使いなのです。
Nara's popular free-roaming deer are actually divine messengers.

春日大社の神の使いとして、奈良では昔から鹿が保護されてきました。
鹿を殺すと死罪になったこともあったそうです。
そのため、奈良の人々は早起きをして自分の家の前で鹿が死んでいないかどうか確かめ
万が一見つけてしまった場合には、急いで隣家の前に移したという昔話が伝えられています。

For centuries people in Nara have protected deer, believing them to be messengers of the main deity at Kasuga Taisya.
It is said that in the old days, a person found to have killed a deer would be put to death.
Legend has it that people in Nara would get up early to make sure there was no deer carcass outside the house.
If there was a dead deer outside, you'd quickly move it over to your neighbor's property.

奈良の世界遺産への登録物件は、
平城京跡、唐招提寺、薬師寺、東大寺、春日大社、元興寺、興福寺、春日山原始林です。