中学英語でペラペラになれる理由

ネイティブの日常会話は簡単な英単語ばっかり!

日本で長く英語を教えてきましたが、みなさん知識はあるのに英会話というと身構えてしまう人が多いんですね。実は日常会話は、とっても簡単な単語でなされているんです。ポイントは、言いたいことをそのまま英訳しようとせずできるだけ簡単な表現を使って伝えることだと思います。

会話でよく使う文の形もシンプル!

日本人のもうひとつの特徴は、言いたいことを直訳しようとして悩んでしまうこと。実は、言いたいことは意外なほど簡単な文型で言えることが多いんです。伝えたいことをどの文型で言うかを瞬時に判断する訓練をすれば言いたいことがパッと出るようになると思います。

「知識」は十分。あとは「技能」に転化させるだけ!

日本人の学習者の多くは、英語のペーパードライバーです。会話に必要なことは中学校時代に習って頭に入っているのに、実際には使うことができない。大事なのは、意味がわかったで終わりにせず、実際に使えるまでトレーニングすること。そのためには、音読練習が有効です。意味を考えながら誰かに伝えるつもりで声に出して言ってみること。さらに、Read and Look Up という方法で、テキストから目を離して顔を上げて言いましょう。一文ずつ区切りながらアナウンサーのつもりでやってみましょう。こうした練習で知識が技能に変わります。